written by Koh Yamakawa

kohblog

仕事術

新入社員だからこそ定時で帰れ!

更新日:

新入社員だからこそ定時で帰れ!

新入社員で定時で帰るのはアリ?上司も先輩も残業してるのに、新入社員の自分は定時で帰ってよいのだろうか?できれば残業はしたくないけど、、これは周りに合わせるべき?新入社員である私が、会社の中でどのように振舞ったらよいのかわからず、不安です。

という方に向けて書いています。

結論:周りに合わせる必要なし!定時で帰ろう。

結論:周りに合わせる必要なし!定時で帰ろう。

いきなり結論ですが、残業は基本的にする必要ないですよ。

残業なしで、スケジュール通りに仕事が回っているのが健全な会社です。

もし、あなたの上司や先輩が毎日残業しているとしたら、残業が当たり前になっていると思われます。

新人のあなたがそんな上司や先輩に合わせて残業を始めたら、さらにその習慣が色濃く根付いてしまいますね。

そしてあなた自身も残業当たり前族の仲間入りをしてしまいます。

それはあまりにもったいない。

新人であるあなたの強みは、その会社で当たり前になってしまっている悪しき習慣に疑問を持てることなのです。

仕事自体はまだ上司や先輩ほどできないかもしれませんが、あなたには気づく力という武器があります。

周りが残業しているならば、あなたが定時で帰るというのは周りに気づかせてあげるきっかけにもつながります。

というわけで、

周りに合わせる必要なし。確信をもって定時で帰りましょう。

定時でできる仕事量を基準に、計画を立てられる人になろう。

定時でできる仕事量を基準に、計画を立てられる人になろう。

定時で帰ることで、あなたの仕事の効率が上がります。

理由は、定時で出来る仕事量を基準に、スケジュールを立てると、効率が維持できて、長期的にみると残業するよりも最終的な仕事処理量が多くなるからです。

例えば、

定時の仕事量を100として、毎月定時でできる分量の仕事量で1年間のスケジュールを立てたとします。そうすると、無理なく仕事ができるため、仕事の質が下がらず計画的に毎月100の仕事をこなすことが出来ます。結果、100×12か月で1200の仕事を行うことが出来ました。

定時退社の仕事量

一方、残業ありきで仕事の計画を立てると、毎月残業を重ねる必要があり、負担が大きく仕事の質が下がります。毎月質が低下し、5づつ行える仕事量が減ったとすると、計画では120×12か月=1440でしたが、実際には1110しか処理することが出来ず、定時で計画した場合よりも最終的な仕事量は少なくなってしまいます。

残業した場合の仕事量

というわけで、何と残業したにも関わらず、定時で計画した場合よりも実際に行った仕事量が1200-1110=90も少なくなってしまいました。

残業ありきで計画することが如何に無駄で愚かなことか、お分かりいただけたでしょうか?

もちろん、これが全てに当てはまるわけではありません。ですが、残業が慢性化すると、いつの間にか、定時退社よりも仕事量が減っている可能性があるということは覚えておいた方がよいでしょう。

また、仕事の質が下がると、ミスが増える傾向にあり、それによるやり直しも発生します。計画していた1440の仕事にプラスしてやり直しの仕事も処理しなければいけないので、年を経るごとにやらなければいけない仕事が増加し、いつまでたっても長時間残業が必要になってしまいます。

これでは、数年経てばブラック企業の仲間入りですね。。

さて、ここまで読んで、

定時で計画したってミスは出るでしょ?と疑問を持たれた方がいるかもしれません。

はい、その通り、定時の仕事量で計画したと言って、ミスが無くなるわけではありません。

でもその場合は一時的に残業するなどして、対応することが可能です。余裕があるから、被害も最小限にできるのです。

残業するよりも定時で計画した方が、効率が良いのは明白ですね。あなたもこのような計画が立てられる人を目指しましょう。

退社後の時間を有意義に使おう!

退社後の時間を有意義に使おう!

私生活の充実は、リフレッシュして仕事への意欲を充電するだけでなく、あなたの質を高めることにもつながります。

仮に毎日2時間残業したら、週休二日とした場合、一週間で10時間、一か月で40時間、一年間で480時間も費やしていることになります。

この時間をあなたが、自分のスキルアップや知識の拡大に使ったら、何が起きるでしょうか。

  • 本を読んで知見を広げる。
  • プログラミングを学んでテクノロジーに強くなる
  • ライティングを学んで文章力を高める
  • 英語を学んで海外で通用する人材になる

これらのプラスαの能力が、仕事の質を急激に高めるのは言うまでもありません。

残業に無駄な時間を使うのではなく、その時間を自分に投資して、より大きな可能性を掴みましょう。

まとめ

まとめ

まとめますと、

  • 周りに合わせる必要なし!定時で帰ろう。
  • 定時でできる仕事量を基準に、計画を立てられる人になろう。
  • 退社後の時間を有意義に使おう!

これが新入社員であるあなたに贈る、先輩サラリーマンからのメッセージです。

ぜひ、頭の片隅に置いておいてくださいね。

こちらに今後の仕事の仕方がわかる本をまとめておきましたので、参考にどうぞ。

押さえておくべき!これからの仕事の仕方がわかる本3選

-仕事術

Copyright© kohblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.